ここを出て当てもなく何も考えず旅をしたい。私の事を誰も構うな、ほっておけ。そんな風にして数年過ぎてしまえ。そしたらまた何か一から始められそうな気がする。とにかく今は一過性のものに振り回されてばかり。力が足りない。苛々してばかり。身体がだるい。仕事から帰るとひたすらスマホばかりいじっている。見てるようで何も見てない。目が痛くなってもう触りたくないのにそれでもまだ触る。最近胃が痛くなってきた。無理な早起きと何もできない事への苛立ちからか。気候に怯えてる。晴れの日はこわい。暑いのも怖い。逃げ場がなくなるようで、自分の中にどんどん熱がこもっていって息苦しい。母親とこの家が憂鬱。感謝はしているが、もう構わないでほしいのに母はいつまで経っても母親をやめない。そりゃそうだ、専業主婦は世間的には無職。子供で自分の人生を誤魔化してる未熟だったり欠陥の多い人間ばかり。母は今更母親をやめられる訳がない。母は自己犠牲に徹している。だから私は余計につらい。どうかあなたの人生を見つけてほしい。

 

楽しいこと、ワクワクすること見つけたい。涙を流したい。友達、、、友達かあ。

最近は観賞もしんどい。素晴らしいものを見るのはつらい。それは何も出来ない自分に全て向かってくるから。だから何も見ない感じない。今はそれが楽。

割とどうしたらいいのか分からない。

あの人と握手をした時の事だけたまに思い出してる。

他人はどうでもいい。バイト先もどうでもいい。何もできない日々を何とか足掻いた日々にしたい。

誰かと話したい気もする。

 

僕は僕みたいな日々僕は僕みたいな日々