almost_blue’s diary

私について

夢日記

おはよう、もう昼ですが。

これからもこうして寝起きにこれをしたためます。

寝起きにしか書けないのです。

意識がまとまると私の場合あっちこっちと忙しなく集中力が途切れてとても一つの事にかかりっきりになれない

 

夢をみた

インドにいた

僕の姉とアミットさんの結婚式のようだ

けれど以前インドで取り行った会場とは趣きが異なる

何故か細長く階段しかない建造物で手すりから身を乗り出して眼下にいる人たちを眺めていた。

皆、結婚式に集まった人なんだろうか。

 

場面が変わってアミットの親類の中学生くらいの男の子に連れられてご飯を食べに行く。

メロウグリーン色の店内、客の為の薄型テレビは天井から吊られていて日本のアニメ鋼の錬金術師

店内は細長く狭い

横長の妙な形をしていて僕らは入り口から一番近いテーブル席につく

 

席につき店内をじろじろ見ていると客は皆鋼の錬金術に夢中だ。

 

僕は親類の少年に尋ねる?

ここって日本料理屋さんなの?

 

違うよ、毎日変わるんだ

 

僕は言っている意味がいまいちのみこめなかったが黙っていた

 

少年が煙草を吸い出した

途端にもう一人彼と同じくらいの年齢の少年が現れて煙草を吸い始めた

 

僕も慌てて煙草を取り出そうとするが辞めた事を思い出した

何とも格好がつかなくてバツが悪い

 

料理が運ばれる

料理については覚えていないが

アジア料理であったはず

しかし味は親しんだいつもの味という感じがした

 

そこで夢は終わったのか覚えてないのか