読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost_blue’s diary

私について

シャワーとカラン

シャワーに対してカランがある。シャワーは蛇の様な黒いホース、シャワーヘッドを通し湯が無数の穴ぶちから出るという。これは想像に容易い、皆さんご存知だろう。では、カランは?

 

カランとは何だ?

松本人志は「システムキッチン」というコントの中で不動産屋として、内見にきた男浜田に対し「丁寧語やね、シャワーの」と言ったという。(倒置法やね)

 

カランの概要をざっくり説明するとシャワーのホースの元は湯水を司る母体があり、その母体のもう一つの排出、それがカランである。つまり用途によって使い分ける為の物である。では、どういった用途か。格好としては首振りしかできない鉄の堅物といった感じ。また、シャワーと違い繊細華麗に細い湯が無数の穴から飛び出すのとは違い、ゴリゴリのガチムチ太い大きな穴から太い湯が円柱状になってドバドバと流れ出る。(ちょっとエロいってば)

松本扮する不動産屋が丁寧語といったのは、何だか分かるようで分からない。どちらが湯の出方として丁寧かといえば、それは美意識に関する個々人の問題になってくるが、僕は圧倒的にシャワーの方が丁寧だと思う。

概要はざっくりと説明したが、そんな事は皆んな風呂で毎日、目にしているだろうからさっさと本題にいこう。

 

 

えーっと、、、カラン?

コロン、、カランカランコロン、

 

え、鬼太郎の下駄の音ですか?

 

いや、だからカラン!カランのみ!!

コロンは似てるけどややこしいから出してくんな。

 

はい。

 

いや、だから名称よ!なんなの、カランって名前!すごい昭和ハイカラって感じがすごいするよ。(すごいカウント2)

さてここからは憶測は憶測の域をでないけれど、僕は憶測の中から真実をまるっと言い当ててしまうぞ。

察するにカランって多分英語が元なんすよ。そんで日本人が勝手に日本人に読みやすい様に日本語英語、横文字に変えたと思うんすよ。とするとカランは…………karan……carun……catrun

cat runやね、これ。

猫が走るという意味の排出ですわ、要は。

ここから、こじつけです。

猫は威勢がいいよね。あの歩き方を見たまえ。野性、放牧という感じがすごくするよね。そして、猫が走る時ってどんな時か考えてみてほしい。獲物を追いかける時、逃げる時だ。そしてそんな時の猫の走り姿をシルエットで想像してほしい。ぴょーんと大地を蹴り上げ宙に舞う。足達はどんどん身体に平行になり、、、、見たまえ、まるで寸胴だ!!!

ああ、まるでカランから勢いよく出てくる湯水のようだね。

 

って話っすわ。

はい。お粗末でした。