almost_blue’s diary

私について

それでも聴いてるバンドの彼ら

僕の最近の音楽志向についてはこの間話したと思う。ブルースとか民謡をよく聴いてる。理由については前の記事を読んでください。でも、そんな中でも変わらずに聞き続けてるバンドの人達がいて、その人達を理由と共に少し紹介しようかと思う。

 

まずは

f:id:almost_blue:20170318192811j:image

CREEDENCECLEARWATER REVIVALさんのGREENRIVERです。

最近の3曲はそんなに何だけど「すべての人に愛を」とか「ロディ」、「クロス・タイ・ウォーカー」は素晴らしいね。これらを聴いてると浮かんでくる情景がある。どこか異国の田舎町で父親が娘の成長を収めるために手ブレしまくりのハンディカメラで娘を捉えてる。でも、その娘はもう、ずいぶん昔に死んでしまってる。そんな感じなの。とにかくブルースを感じるよ。ともすれば泣きそうになるね。

 

次は

f:id:almost_blue:20170318193236j:image

thebeachboysさんのFRIENDS

僕は圧倒的にThe Beatlesよりbeachboysだね、ペットサウンズ以降だけど好きなのは。beachboysを知ったのは村上春樹が何かの著書の中でgod only knowsを紹介していて、それから。とにかく彼らの作る音楽は美しくてどこか悲しい。なんか一時の英米文学って感じがする。トルーマン・カポーティとかサリンジャーとかね。

 

あと2つ紹介したいのがあるんだけど、それは次の記事で。