almost_blue’s diary

私について

タクシー

20時を過ぎて仕事の勤怠票をコンビニでFAXをする為に家を出た。2月の最終日、まだ随分冷える。家から一番近いコンビニはFamily Martで駐車場が付いてるタイプ。その駐車場の脇の柵に毛並みの綺麗な柴犬が主人を待っている。僕が好感の視線をやると見向きもしない。大体、僕が好感をもつタイプの犬や猫は全くと言っていいほど僕に興味がない。FAXを送信中の時間潰しにタッチパネルに間違い探しが表示される。僕はもう何度ともなく、それの問いと答えを月末になれば見ているし毎回同じ間違い探しが3つ、同じ時間で締めきられ何の楽しい音も鳴らず、直ぐさま回答が表示される。そして次の間違い探し。こんな事を言うとワガママだと取られるかもしれないけど「良かれ」と思ってやり始めた事って、大抵咄嗟の思いつきで浅はかなんだよね。だからさ、そういう種類の簡単さって何か見てると切なくなってくるんだよね。何が可哀想ってこのFAXの待ち時間に適当だと烙印を押された間違い探し達。まぁ、いっか。僕は少しつまらない事に熱くなりすぎる。誰も賛同しないし、改善を僕自身望んでるわけでもない。

それから店内を一周しておつかいを頼まれたタバコと一緒に買う為の何かを探した。何となく、タバコだけを買う為にレジに手ぶらで行くのが嫌なんだ。もう少し細かく言うならば、店員が私に対して接客に向かおうとする時、こいつ手ぶらだけど何のつもりなんだ?と一瞬、怪訝の態度を取られるのが嫌なの。ほんと数秒の話なんだけど、それが嫌なの。コンビニでタバコは序でに買う物であって、手ぶらでレジに向かうのは基本的にかなり奇妙な事だと僕は思う。それで、結局飲み物と一緒に買って店内を出た。

元来た道を辿り帰っていたらあと少しで家という所の坂道にタクシーが止まっていた。運転手はルームライトを点け、ナビと手元の表を照らし合わせて目を細めて困った顔をしていた。すれ違いながら僕はとても羨ましかった。タクシードライバー達の世界って何となく僕らが感じる生き辛さとは無縁の位置にある気がするんだよね。あれくらい、すごくシンプルな生き方が出来ればいいのにって心底思うよ。あれくらいの諦観とゆとりと孤独が欲しいね、僕は。誰でもいいから、普通のタクシードライバーの日常がどんなものか映像に収めてくれないかなぁ。きっと素敵なんだよ。静かに夜を讃えているのは間違いなくタクシーなんだ。