読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost_blue’s diary

私について

森とか

人間は森に憧れる。だから都市設計に植樹はつきもの。それでも足りない人達は森の使いの動物を飼育する。ダヴィンチは人間の体内は自然のミニチュアだと言った。人体ってほんとによく出来てる。僕に魂を込めてくれた人、ありがとう。皮膚の下の暗黒。数多の血の管と心臓の律動。五臓六腑の温もり。グロテスクなものをぶら下げながらどこかへ押しやりながら歩いてる。ネコ科の身のこなしを見ればよく分かる。あれはグロテスクだ。故に艶かしい。予め見えない様になってるって事は後で必ず知らなきゃならない事なんだね。でもさ、初期設定自体はもう誰かにいじられた後で産まれてると考えると怖いよね。