読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost_blue’s diary

私について

夢日記1

今朝、(といっても三度寝くらいして起きたのは12時を過ぎてましたが)夢を見ました。目を開けた時に覚えていた事はまた眠りにつき夢を見たせいで上書きされてしまいました。目を小さく開くと微かに残像が見える様な感じで、でもそれだけでは何にもならない只の証拠なんです。私だけが知る夢の証拠。そんな繰り返しを三回くらいして最終的に私が覚えていた夢の事は私には捨てられた10代の少女がいて、彼女を誰かの空き家の中で匿ってあげていたということ。でも大学時代とても仲の良かったのに、とある事で気まづい別れ方をした友人が少女を見つけてしまった。あともう1人いたが、あれは誰か分からない。私は急いで好奇の目に晒される彼女を助けようと彼らと対峙した。何故なら彼女は全裸だった。彼女は何故か常に全裸だった。しかし、話は面倒な展開になる事なく素直にそのままを打ち明けると彼らはあっさり帰っていったのだった。それからが上手く思い出せない。セックスをした様な気がする。彼女が何かについてごねていた様な気がする。