夢日記 5/24

何かの仕事で塚口駅を利用。その仕事終わりで飛び込みで髪を切る事にした。商店街のちょっとしたビルの二階に美容院はあり、内装は木を基調とした造りで席は2つと少なめ。受付を済ませ病院の待合によくある長椅子に腰を下ろし順番を待った。が、中々呼ばれない。ようやく呼ばれたら一人の美容師が「そこのネット自分で被って待ってたらもう少し早く出来たのに。早くそこに座って!」とこちらを見ることもなく忙しそうにそう言った。

私は面食らってしまったが、とりあえず言われた通りに椅子に座ろうと椅子に手をかけ、腰を下ろす瞬間にキレてしまった。

さっきの美容師はまだ何か忙しいことを背中で私に主張し続けていたが、その背中に向かって大声で怒鳴ってこっちへ来い呼びつけた。

怒った内容については覚えてないが、何故か私が呼びつけた場所は東京タワーとかにある床がガラス張りで透けて見える所で、烈火の如く怒り狂っていて暫くは気づかなかったがふと下を見てしまい、急に怒りが覚めてしまった。その事はよく覚えている。

その後、美容師は特に謝るそぶりもなかったのだが私はその怒りを当初はカットのみだったのに加えてパーマを追加してやるという謎の矛先に怒りを向けたのだった。

さあやれ!やってみろ!と暴君気取りで髪を切られていたのだが、途中で財布が気になりだす。

3000円しか持っていない事に気づく。店の入り口に木の看板で出来た料金表がある。横目でちらちら見てみると始めてスターバックスに訪れた時の見慣れないサイズ表記みたいな、謎の文字がよく見慣れているカット、パーマ、眉カットと書かれた下に括弧付きで書かれている。どれも片仮名三文字でよく思い出せない。

私は焦り出した。カットだけで2900円と書いていて括弧内のカタカナは恐らくオプション的なアレに違いない。だとすればパーマは無理だ。早急に断らなければ。しかし、あんな暴君ぶりを発揮したあとだし、私はそれを継続中だし、この腐れ美容院を後にするまでは決して暴君をやめるつもりはない。髪を切り終わったら正直に話してコンビニのATMまで走って精算を待ってもらうか?いやそれは暴君の行動ではない。見ようによってはただの使いパシリだ。

困った困ったと内心かなり焦りながら脂汗を垂らし髪を切られている夢でした。

 

 

2つめ。

これは短く暗示的な方。

蜘蛛を殺した。

夜中蜘蛛が私のベッドの枕の脇に向かって降りてくるのを確認した。確認できたのは丁度その時読書をしていたから。私の部屋には読書灯というような気の利いたものはないため、大体片手にスマホを持ちその光を本に当てながら読み進める。だが、たまに読書に飽きると暗い部屋を点検するように自室を何となく照らしてあちこち見るのだ。特に意味はない。その折に蜘蛛を見つけた。蜘蛛は決して小さくはないが大きすぎる事もない。手でオッケーサインを作った時の丸の中に入るくらいだ。私はかなり焦った。周りに潰せるものを探しながら、かつ所在を見失わない様にスマホで照らし、という状態だったが、何故か鍋つかみを取って振り向いたら蜘蛛は着地するや否やすごい速さで地面を走り出した。見失った。私は臨戦態勢である。ほとんど瞬きもせず蜘蛛の侵攻経路を推測し目星をつけ待ち伏せた。

するとあっさり蜘蛛は目の前から現れ何故かさっきまでの素早い動きは嘘の様にぴょーんぴょーんと間抜けな感じでこちらにジャンプしながら向かってくる。それでも私にはむしろ恐怖だった。9つの黒い目がしっかり見えて怖かったのだ。

 

その恐怖心のピークで地面についた蜘蛛を勢いよく鍋つかみで叩いた。するとどうだろう。変な声を出すのだ。例えるならスーパーファミコンドンキーコングに出てくる蜂のコークスがやられた時に出す声のもう一オクターブ高いような声だった。

何かを哀願するような声で間違いなくそれは命乞いであろう事はその時の私の頭には一つも浮かんではいない。余計に気持ち悪い要素が加わっただけで更に駆逐心を強固なものしただけだった。

結果、その後蜘蛛を2回叩いたが手応えはなく同じようにコークス哀願の声色で

私にぴょーんぴょーんと向かってくる。夢はもう一度鍋つかみで叩き声がしなくなった所で終わっている。しかし、潰れた手応えはない。

 

夢日記 5/23

今朝の夢は余りに細切れで短いのの連続であった為、目が開き、覚醒するまでに思い出す事が非常に難しかった為、全く思い出せていない。

しかし、今ツイッターマカロニほうれん荘関連のツイートを見て急に思い出した。

 

僕がいいなあと思ってた女の子と話をしていて趣味の話になった。好きな漫画の段で二人声を揃えて「マカロニほうれん荘!!」と言い合って内心、やったーって思ってた夢でした。

ちなみにマカロニほうれん荘は未読ですが早いとこ読まなきゃと思ってる漫画で、頭の片隅にずっとあったので恐らく夢に顕在したのかと思われます。

 

 

夢日記 5/22

一日体験入店ホストをしている私。なぜかホストの定なのに私は嬢を演じ相手はおじさまだった。

話した内容は初対面、初接客にありがちなパーソナルトーク。出身がどことか、今までどんな仕事をしたか、とか。暫く話すとおじさまは私の股間にいきなり触れた。売女の様なよがり声を出す私。内心、すごく興奮していたらしい。男性からそういった行為に及ばれたのは初めてだったからだろう。しかし、おじさまは勢いよく股間に手を触れたきり動かなくなる。おじさまの顔をみると虚空を見つめる様な遠い目をしていて静物になってしまったみたい。

しばらくするとまた普通に話し出すおじさま。しかし、さっきのフリーズをきっかけに会話の途中でも静物になる様になった。私は自分の接客に問題があるのかと不安になった。

少しするとボーイの定のマネージャーの女性が大きなチキン南蛮をお客さんから頂いたから切り分けて頂戴と言われて離席した。

チキン南蛮は言うほど大きくなかった。とても美味しそうで急いで切り分けた。

しかし、夢はそこで終わったので私はこのチキン南蛮にありつけなかった。

 

今日は全国的に雨の予報というだけあって朝からすごい勢いで雨が降っている。

もう少ししたら布団を出て支度してバイトへ向かうらしいが、何だかこの雨のせいでひとごとみたいに思えてくる。

今日は文明が自然に負ける日なのです。

大人しく家にいろよ、と雨は言っている。

自然のエネルギーは僕のつつましい悩みや日々のささくれを吹き飛ばす。悠久の時間の流れが僕の中に入り込んでくる。

 

でも、それでもセットしたアラームのスヌーズ機能で携帯は10分おきに鳴り続けるしスニーカーがものの数分でぐしょぐしょになるのは分かっていても傘をさして僕はアルバイトへ向かわないといけない。

いつも、雨が降ると文明が都市があのノアの方舟の大洪水みたいに40日40夜、雨が降り続け深い水の底に沈んで使い物にならなくなる所を想像する。

 

守るべきものも大切な人もいないからこんな事を考えるのかな。でも皆んな大方、一緒に沈むんだから悲しくはないだろう。

天と地が入れ替わって街中の下水管が開け放たれ下水とうんちが天から降り注ぐ。

地は悪臭に塗れネズミ、その他有象無象が地の上を蠢き綺麗好きな、というか臭いものに蓋をして、下水的なあれこれをないものとしてクリーンな生活を送っていた人類はあっという間に半狂人になってしまいました。

 

 

 

 

今日は僕が26歳になった日でありまして至って世界も取り巻きもなんの変化もなく態とらしい事も思い切った企みを企てる馬鹿もいなくてストレスなく今日を終えれそう。静かな誕生日をどうもありがとう神様。